孤独の対義語についての個人的考察

2020.04.03 // 日記

まず、意味が反対・対照的になっているものが「対義語」ですよね。
しかしこれは単語によっては一筋縄ではいかず、例として
赤の反対はイメージ的には青ですよね。
情熱と冷静みたいな。
しかし、色相環で考えれば赤の反対色・補色は緑です。
これは赤を温度というイメージで捉えるか、たくさんある色の中の1つとして捉えるかの違いです。
どちらも間違いではないはずです。

それと同じで、「孤独」にも物理的な側面と精神的な側面があります。
「孤独」=単身・一人と考える場合もあれば、
「孤独」=寂しさを感じているという場合もあります。
前者は物理的な見方で、後者は精神的なニュアンスが強い見方です。
本人が寂しさを感じているかどうかに関わらず、単身で迎える死は「孤独死」と表現されます。これは物理的な側面が強い使用例です。
それに反し、家族が居ようと恋人が居ようと寂しさを感じればそれは「孤独」とも言えます。
どちらの使い方も誤りではありません。

私はどちらの側面か定義し切らないまま、孤独の対義語という疑問を流してしまいました。
それが意見が割れた原因です。

精神的な側面で考えた方からは
満足、融合、愛、充足、孤高
という回答が得られました。
物理的な側面で考えた方からは
連帯、増殖、集合、群集、密集、過密、群
という回答を頂きました。
物理的な見方では「数」がポイントになり、増える意味が強い単語が並んでいます。

少しリプ欄で話し合ったのですが、
これらを踏まえた上での「孤独な群衆」は
孤独と群衆を物理的に対義させながら、孤独の持つ精神的な意味合いを強調しています。
よくできた言葉ですね。

私の対義語に対する定義が甘かったため、どれも間違いではありません。
複数の方が考えてくださったおかげで、言葉のデリケートさ・意味合いの広さを再確認した次第です。

リプライをくださった
あきさん、店主ちゃん、ネロ造さん、ねこまた家さん、kawahiroさん、ゼンタイ民さん、ジゼルさん、桜ちゃん、スノスさん
誠にありがとうございました!


甚だ夜に近影

“可愛いからホラーまで”

ごちゃごちゃ絵描き 甚だ夜に

お仕事依頼はhanahadayoruni@gmail.comまで。
絵の更新はTwitterが早いです。最新情報もTwitterで。
画集や各種グッズは甚だ夜にのお店で販売中!