故 山田花子 自殺直前日記 レビュー

2018.12.14 // 本のレビュー

故 山田花子 自殺直前日記
彼女の日記の内容をそのお父様がまとめたもの。
すごく共感できる内容もあるが、共感できないものもある。
家族への不満もたくさん書かれていて、これを当事者がまとめたと思うと苦々しい気持ちになる。
誰が悪いともないけど、こういう不協和が生まれて家庭にも学校にも職場にも居場所を感じれなくなるのは少しはわかる。
世の中への恨みごと、自分自身への恨みごとでいっぱい。
最後、お友達からの手紙と日記を読み終えたお父様の文章で締めくくられている。
謙虚で、ニコニコして優しそうな彼女の姿は我慢で構成されていた。そのことにお友達はどんな気持ちになるのか。
全て読み終わって、やっと彼女の心を知れたと思うおとうさん。

死ぬことも怖かった彼女はこれで楽になれたのか、知るほどに虚しくなる。


甚だ夜に近影

“可愛いからホラーまで”

ごちゃごちゃ絵描き 甚だ夜に

お仕事依頼はhanahadayoruni@gmail.comまで。
絵の更新はTwitterが早いです。最新情報もTwitterで。
画集や各種グッズは甚だ夜にのお店で販売中!